廃車の代行手続きの注意点

廃車の代行手続きを依頼する際の注意点について


私たちの生活に欠かすことのできない便利な足として自動車の存在は欠かすことが出来ません。
通勤や通学など、日常生活を送る上で欠かせない移動の際に利用することはもちろん、ドライブやレジャーなど日々の生活の中でのあらゆるシーンにおいて、私たちは自動車の恩恵を大いに受けているといっても過言ではないでしょう。
特に地方において、自動車は生活のライフラインの一つであるといっても差し支えはないでしょうし、自動車がなくなってしまうと生活に困るという人は全国に数多くいることでしょう。

そんな日常生活に欠かすことのできない自動車ですが、寿命のある消耗品であるため、永遠に乗り続けることはできません。一般的には新車で購入をしてから10年の使用、もしくは10万キロの走行で買い替えをするのが適切だと言われています。
大切にメンテナンスをしながら乗り続けることで10年以上、10万キロ以上乗ることは可能ですが、事故のリスクなどの安全面や地球環境への影響を考慮した場合、やはり10年の使用、10万キロの走行で廃車とし、乗り換えるのが適切であると考えられるでしょう。

廃車処理を行う場合、自分で手続きを行うことももちろん可能ですが、陸運局まで足を運ぶ必要がありますし手間がかかるため、多くの人が専門業者に代行を依頼して廃車手続きをしています。
自動車ディーラーや廃車手続き代行の専門業者などで廃車手続きを依頼することができ、必要経費と必要書類を渡すことで引き受けて処理をしてもらうことができます。

廃車をするために必要なものはナンバープレートや車検証、リサイクル券はもちろんのこと、代行で処理をしてもらう場合は加えて実印を捺印した委任状と発行から3か月以内の印鑑証明書が必要となるので忘れないように注意が必要です。

本人ではない人が廃車処理をする場合、実印が捺印された委任状の提出が法律で義務付けられているため、追加で書類が必要となっているのです。

また、廃車の処理が完了した後は、自動車の抹消処理が完了したことを証明する書類を漏れなく受け取りましょう。
廃車処理が完了した時点で自賠責保険の契約期間や車検の有効期間などが1か月以上残っている場合、必要な手続きを行うことで支払った保険料金や税金などの還付を受けることが可能となります。
保険料金や税金の還付を受けるためには廃車を行ったことの証明書類が必要となりますので、確実に業者から書類を受け取っておく必要があるのです。”

  • 廃車や買取り時の納税証明書

    廃車や買取り時に納税証明書が必要という業者がいます 自動車の廃車や買取り時などにその自動車の納税証明書が必要だと言う自動車買取業者がいますが、これはその自動車を買取という形で対応をする場合に、転売する際に車検がある場合に …

    続きを読む...