廃車と買取の比較

廃車と買取の比較:任意保険


不要になった車両を廃車に出すときには、任意保険や自賠責保険などをどうするかということも考えておく必要があります。車両を廃車にする場合には、自賠責保険や任意保険は所定の手続きをとることによって、保険期間に応じて返戻金を受け取ることができます。廃車手続きをした自動車の場合には、返戻金を受け取るだけでなく、中断証明申請手続きなどを行うことによって、最大で10年間その保険の等級を引き継ぐことができますので、必要に応じて手続きをとっておくとよいでしょう。

この他にも、車両を廃車に出すときには、ディーラーや中古車販売業者、解体業者などの車両を実際に解体してくれるところに車両を持ち込まなければなりませんし、それとは別に、登録抹消の手続きなどもする必要があります。これに加えて保険関係の手続きですので、費用もかかりますし手間もかかってしまいます。

このようなときには、車両を廃車に出す前に、買取業者が引き取ってくれないかを検討してみるのも一つの方法です。車両買取の場合には、任意保険が残っているときには、還付請求の手続きを業者が行います。そのため、自分で煩わしい手続きをする必要もありませんが、保険金の受け取りは当然業者になってしまいます。

しかし、その分買取金額に上乗せしてくれることがほとんどですので、所有者からすると面倒な手続きはせずに保険金分の現金を受け取ることができるということになり、廃車手続きのときよりもおすすめです。また、業者のなかには出張旅費業者負担で査定に来てくれるところもたくさんありますので、時間がなかなか取れないという人でも、気軽に査定をしてもらうことができます。

もちろん、見積り金額に納得できなければキャンセルすることができますし、元々廃車の予定だったのでいくらでも引き取ってもらえればよいという考えであれば、すぐに引取りを依頼することができます。この際には登録抹消の手続きは必要ありませんが、名義変更をしなければなりません。しかし、この手続きも業者が無料で代行してくれるところがほとんどですので、持ち主は必要な箇所にサインや押印をするだけで、なんら面倒な負担はありません。このように、買い取ってくれる業者が見つかったときには、廃車に出すよりも買取に出した方が手間の面でも費用の面でもおすすめですので、一括見積りサービスなどを利用して、遠方の業者からも引き取り手を募ってみるとよいでしょう。”