必要な抹消登録

廃車で必要な抹消登録

不要になった車両を廃車に出すときには、大きく分けて二つの作業があります。一つは、不要になった車両を処分してくれるところに持ち込むというもので、こればかりは自分でできるというものではありませんので、手数料を負担してでも依頼しなければなりません。持ち込み先は中古車販売業者やディーラー、解体業者などになりますが、一般的には廃車にするための工賃として2万円程度が必要になるといわれています。

もう一つは、現在登録されている車両を廃車に出したことで、抹消手続きを行う必要があります。運輸支局や軽自動車検査協会などに必要書類を持ち込んで所定の手続きを行いますが、こちらは自分でやろうと思えばできますし、その場合には手数料も数百円程度ですみます。

しかし、これまで見たこともない書類に記入しなければなりませんし、面倒な手続きですので、登録抹消が完了するまでに何度も自治体と往復しなければならなかったり、なかなか手続きが終わらなかったりすることも珍しくありません。そのため、廃車に出した業者や行政書士などに書類の作成代理を依頼する人が多いですが、これによって別途費用が1万円近くかかってしまいます。

このように、車両を廃車に出すときには、手間はもちろんのことですが、費用面も意外と高くなってしまうことが多いです。全く動かない車両や事故車、水没車など車両としての機能を果たさないものは廃車にせざるを得ないことが多いですが、こういった車両でも、部品やパーツを買い取ってくれるところがありますので、不動車買取り業者を探してみるのも良いでしょう。また、きちんと走るものの年式が古かったり、走行距離がかなり長いために最初から買取を諦めているという場合には、近くの業者だけでなく、全国規模で業者を探してみると、いくらかの現金を受け取って車両を処分できる可能性があります。

こういった買取業者が近くにいないという場合でも、出張旅費無料で査定や買取を行っている業者は全国にたくさんありますので、まずは一括見積りサービスや、買取業者の比較サイトなどを利用して、業者を探してみるとよいでしょう。こういったサービスの利用は基本的に無料ですし、金額を聞いた後で買取をキャンセルすることも可能ですので、廃車にする前に手続きをとっても余分な手出しはありません。むしろ、抹消手続きなどの費用や手間の負担なく、車を処分できるところが見つかることもありますので、積極的に利用しましょう。”