廃車や買取り時の納税証明書

廃車や買取り時に納税証明書が必要という業者がいます


自動車の廃車や買取り時などにその自動車の納税証明書が必要だと言う自動車買取業者がいますが、これはその自動車を買取という形で対応をする場合に、転売する際に車検がある場合にその納税証明の提出がいるためです。

ただたんに廃車つまり抹消登録をする場合には、この証明書は業者にとって不要なものとなります。車検を受けるわけではないのである意味当然です。
もし、廃車時にこの証明書の提出を強く求められた場合には、その自動車が廃車にはならずに転売される可能性が高いことを示しています。すなわち、その自動車を継続して乗るために車検を受けるということであり、廃車にはならずにそのまま乗り続けるという意志表示になっています。

この納税証明ですが、そのナンバープレートを所管する地域の都道府県税事務所に行けば、申込書類などに必要事項たとえばナンバープレートであるとかあるいは所有者、納税義務者の氏名であるとか車体番号などを記載させる場合もあり、できれば車検証も持参していくとよいでしょう。なお、この納税証明は毎年納期内に納付している場合には領収書の隣にくっついているので、村ママ使用することができ、あえて再発行をする必要がないことも知っておいて損はありません。

中古gys業者などの中には、この完納証明、納税証明の書類の再発行のための費用と称して、3千円などを徴収する業者がいますが、役所においては無料で発行ができるために、この手数料の意味は不明です。もしこうした手数料を取るところであれば、自分で発行してもらうのでと言って断った方が無難です。ただでさえ、車検費用は高く、少しでも節約したい家庭にとっては無用な負担ですのでできるだけ自分で用意するか、もしなくした場合には無料で再発行してもらうかなどの対応を考えたほうが良いでしょう。

この車検用の完納証明は、自動車を手放す際には業者側から求められれば、提出をせざるを得ない場合もあります。名義変更では前の所有者が自動車税を滞納していれば、その税金もなぜか新しい所有者が負担しないといけないことになっていますので、理不尽だと思いながらも払わなければならないということがあるので、納税している自動車であることを客観的に示すためにもこの納税証明がいるという主張を業者側はしてきます。確かに一理ある話ではありますので、よく業者側と話し合って納得した上で証明書類を渡せば問題はないということです。”